[Composition works-15] Interlude – prayer and fetal movement / rest on the basis of unfinished requiem composed by Yori-Aki Matsudaira

1st movement

2nd movement

Interlude – prayer and fetal movement / rest on the basis of unfinished requiem composed by Yori-Aki Matsudaira

  • Year of compose : 1999
  • Instrumentation : Org
  • Duration : 22 min
  • Premiere : July 16, 1999 / Matsumoto, Nagano-ken / Noriko Yasuda (Org)
  • Second performance : February 2, 2000 / Kawaguchi, Saitama-ken / Junko Tsutsui (Org)
  • Commissioned by : Matsumoto city

🔷Back to All Composition Works List (English page)


間奏曲 − 祈りと胎動〜松平頼暁の未完のレクイエムによる

  • 作曲年:1999年
  • 楽器編成:Org
  • 演奏時間:22分
  • 初 演:「保田紀子オルガン新作展IX」/1999年7月16日・長野県松本市(松本市音楽文化ホール『ザ・ハーモニーホール』)/Org:保田紀子
  • 再 演:「深新會第26回作品展」/2000年2月2日・埼玉県川口市(リリア音楽ホール)/Org:筒井淳子
  • 委 嘱:松本市

■ 松平頼暁の未完の《レクイエム》の作曲方法や音列に基づき、コンピュータによって素材を操作の上で作曲した作品。題材となった松平の作品は2005年に完成している。松平のレクイエムと対になって演奏される作品として構想した。

【批評掲載】『音楽の友』、音楽之友社に上野晃氏執筆のものが初演・再演とも掲載/『エクスムジカ』、柴辻純子氏執筆

🔷作曲作品リスト(日本語)へ戻る

 


山口淳(作曲家・ピアニスト)